バイク歴3・エリミネーター250LX

GB250をセパハンにしてカフェ仕様にしたら、手首が痛くて長距離が乗れない!でも、カフェの疾走感は捨てがたい。

ということで、パワーがあって長時間乗っても疲れない、そして車検がないから250CCということで、いろいろ検討した結果エリミ250LXを追加しました。GBのハンドル変えればいいじゃん、ってつっこみはなし。

なぜエリミにしたかっていうと・・・

まず、大学生の時に結局スティードにしたんだけど、中古バイク雑誌でやたらと気になっていたのがエリミネーター。スタイルが独特で他のバイクにはない個性をすごく感じていた。

そして、250のアメリカンってなんだか「本当は400とか大型とか大きいの乗りたいんだけど我慢してます」って感じがする。エリミは独特のスタイルでアメリカンではないから、そんな気がしない。

最後に、なんと250CCのくせに40馬力もある!

で、エリミといってもSEとLXがあるわけで、SEのビキニカウル&アンダーカウルも捨てがたいんだけど、LXのスポークホイルがいいなぁ、なんて迷ったわけです。でもハンドル変えたらビキニと干渉するだろうから、結局いじりやすいのはLXかなぁ、とも思ったりして。

エリミ買ったらメッキ塗装しよ、と思っていたら、なんと、すでにメッキ塗装済みのLXが中古で出ているじゃないか!高田馬場にあるJNオートサービス(残念ながらお店なくなってしまいました)のHPで勤務時間中に発見!「バイク買いにいくので早退します」と上司に一方的に告げ、お店に電話入れて猛ダッシュ!

もうぴっかぴかでーす!値段もちょっと下げてもらって、隣のエリミについていたスパトラもつけてもらって、皿も20枚ぐらいもらって、わっしょいわっしょい。

エリミは本当によーいじりました。エリミネーターのオーナーサイトで知り合った仲間とわいわいとカスタムしたり、みんなでツーリング行ったりし始めたのもエリミ買ってから。それまでは一人のバイクライフだったけど、仲間と遊ぶのがこんなに楽しいとは思いませんでした。エリミはバイクワールドをいっきに広げてくれた愛馬。

古いバイクなんで、いい意味で造りが雑。だからどんなパーツだって加工すればつく。今のバイクはスタイルが完成されすぎていて、ノーマルの取り回しやパーツじゃないとつかない箇所が非常に多い。

パワーは本当にある。一度マグナ250に乗せてもらったことがあるけど、何これー、っていうぐらいパワーがなかった。エリミすげー。しかもパラツインでエンジンの乗り味が非常にいい!乗ってて本当に楽しい振動が伝わってくる。軽いから街乗りもすいすいだし、パワーあるから高速だって問題なし。

080430_115501 ちなみに相当いじったけど、ヤフオクとか仲間からパーツもらったりとか、いじるのも自分でやったり友人にやってもらったりで、実はあまりお金がかかってないのもミソ。

エリミ250専用の10度トリプルは超レアもの。ハンドルはコンドルの逆づけでセパハン的なポジション。つらそうに見えるけど実は自然な位置に腕がくるのでめちゃくちゃ楽。10時間続けて走っても疲れない。しかも戦闘的なところがポイント。フォークジョイントはワンオフ。スウィングアームは延長。他にもいろいろカスタム箇所はあるけど、もういじらない。これ完成形。今のところ自分のなかでこのエリミ以上にしっくりくるバイクには巡り合えてない、というぐらいいいです。

俺がよぼよぼのじいさんになってバイクを降りる日まで乗り続けようと思ってます。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バイク歴3・エリミネーター250LX:

コメント

この記事へのコメントは終了しました。